鉄道輸送・railtransport、海上コンテナ・seacontainerのモーダルシフトのすすめ

いま、国では、鉄道輸送・railtransport、海上輸送・seatransportのモーダルシフトが推し進められています。

鉄道輸送・railtransport、海上輸送・seatransportのモーダルシフトによって様々なメリットがもたらされることでしょう。

おすすめの輸送コンテナ

CO2排出量の削減になる

鉄道輸送・railtransport、海上輸送・seatransportへのモーダルシフトによって、間違いなくCO2排出量の削減に貢献することができます。

であれば、もっと真剣に、モーダルシフトと向き合うべきでしょう。多少企業に、鉄道輸送・railtransport、海上輸送・seatransportのモーダルシフトにデメリットがあったとしてもです。

しかし、モーダルシフトが100%デメリットということでもありませんので、企業がしっかり中長距離輸送と比較し、モーダルシフトにメリットが存在していたから転換したというケースも多々あります。

比較する

要はそれぞれの企業が、ここで一度中長距離輸送と、鉄道輸送・railtransport、海上輸送・seatransportを比較してみるモチベーションを持つ必要があるのではないでしょうか。

比較することで、いままで見えて来ないものもしっかり見えてくるでしょう。

鉄道輸送・railtransport、海上輸送・seatransportのモーダルシフトで、中長距離輸送と比較して、鉄道輸送・railtransportは、約6分の1程度、海上輸送・seatransportでは、約5分の1も削減することができます。

一度に大量の輸送ができる

そして、鉄道輸送・railtransport、海上輸送・seatransportのモーダルシフトのメリットは、一度に大量の輸送ができることです。

鉄道輸送・railtransportを利用することで、トラック65台分の荷物を一度にこなすことができ、海上輸送・seatransportに依存すれば、トラック160台分もの荷物を一度に目的地へと移動させることができます。

また、鉄道輸送・railtransport、海上輸送・seatransportのモーダルシフトがもっと普及すれば、交通事故の減少や、道路交通混雑の緩和、また騒音の解消という問題も改善させることができるでしょう。

実際に何もかも中長距離輸送を鉄道輸送・railtransport、海上輸送・seatransportに変えるというのは不可能でしょう。しかし、この現代社会では、あまりにも中長距離輸送に対しての依存率が高く、中長距離道路の機能も上手く果たさなくなっていることはないでしょうか。

もっともっとバランスのことを考え、鉄道輸送・railtransport、海上輸送・seatransportのモーダルシフトについては考えていくべきです。