鉄道輸送・railtransportへモーダルシフト

いま、鉄道輸送・railtransportへモーダルシフトの傾向が高まって来ています。モーダルシフトとは、自動車での中長距離輸送をやめてしまい、鉄道輸送・railtransport、 海上輸送・seatransportに転換させることを言います。

果たして、鉄道輸送・railtransport、海上輸送・seatransportへのモーダルシフトにはどのようなメリットが存在しているのでしょうか。

コンテナの買取・販売は中古コンテナ.netで

モーダルシフトのメリット

中長距離輸送と比較して、鉄道輸送・railtransport、海上輸送・seatransportにどの程度メリットが存在しているかです。

モーダルシフトは、CO2排出量の削減に貢献することができる方法なのです。

中長距離輸送でのトラックの移動について考えれば、 CO2排出量は鉄道輸送・railtransportを選択した場合、約6分の1程度、海上コンテナ・seacontainerを選択した場合5分の1にまで削減することができます。

そろそろ自分たちの都合の問題ではなく、環境的に我々はどう動けばいいか真剣に考える時になったと言えるでしょう。

ですから、国は、鉄道輸送・railtransport、海上輸送・seatransportへのモーダルシフトをおし進めているのです。

しかし、実際に100%中長距離輸送の関係を断ち切るということも不可能は不可能でしょう。

どのような場合、中長距離輸送を利用し、どのような場合、鉄道輸送・railtransport、海上輸送・seatransportを利用するか、明確に分類して行くのも大事です。

あなたの企業ではそれが出来ているでしょうか。

一度に大量の輸送ができる

鉄道輸送・railtransport、海上輸送・seatransportのモーダルシフトのメリットはまだ続きます。

モーダルシフトのモチベーションによって、一度に大量の輸送をすることができます。

鉄道輸送・railtransportを利用した場合、トラック65台分の荷物を一度にまとめて移動されることができ、海上コンテナ・seacontainerでは、トラック160台分の規模です。

道路環境の改善になる

そして、道路環境の改善についての問題も私達はしっかり考えるべきでしょう。鉄道輸送・railtransport、海上輸送・seatransportのモーダルシフトが普及することで、交通事故は間違いなく減少させることができますし、 道路交通混雑の緩和や、騒音問題の解消と言った道路において起こる諸々の問題を解決することができます。

果たしてこれ程までに中長距離輸送のスタイルに依存する意味は存在しているのでしょうか。