海上輸送・seatransport 海賊問題

いま、海上輸送・seatransportと向き合えば、海賊問題を抜きにして語ることができないでしょう。

私達の暮らしの身近には、海賊という存在がありません。しかし、海上輸送・seatransportの周辺はまさに、海賊の存在に戦々恐々としている事態です。

コンテナの買取・販売は中古コンテナ.netで

凶悪化した昨今の海賊

凶悪化した昨今の海賊、まさにいま、そのような存在を野放しにしていてはならない状況です。

海上輸送・seatransportにおいて、商船に武装警備員を乗船させることは、必須条件ではないでしょうか。

海上輸送・seatransportがスムーズに流れて行かないことには、いずれ私達の生活自体支障をきたしてしまうことは事実です。

しかし、懸念しなければならないのは、海賊問題に対して、国の対応がいささか鈍い感じもあることです。

海賊の実態とその正体

とにかく、私達は海上輸送・seatransportの存在とともに、海賊の実態とその正体について知る必要があり、コインの裏表の関係になってしまっているのかもしれません。

決して、海賊問題は、コインの裏表の関係であってはならないのですが。

海賊の手口、海賊の装備、身代金と資金の還流についても、私達は深く理解する必要があり、 後方支援のための基地について考察する必要があります。まさに、このあたりが海賊の正体を突き詰める方法と言えるのではないでしょうか。

外国漁船に漁場を奪われた「漁民」たちが海賊に転身

なんで、海賊という存在がそこにあるのか……、実際には、外国漁船に漁場を奪われた「漁民」たちが海賊に転身しなければならない厳しい現状も抱えていると言います。

では、ソマリア海賊の実態が、 元漁民と言い切ってしまっていいものでしょうか。

いちゃもんビジネス・密輸シンジケート

ソマリア海賊の実態は素朴な元漁民ということではなく、 プントランドのクラン社会のコーストガードによる密漁摘発のいちゃもんビジネスや、アデン湾やインド洋を舞台とした密輸シンジケートはしっかりあると言います。

二本柱の資金源が先細り現象を起こしていることと、元漁民たちが、まさにつながり海賊行為が横行することになります。

元漁民たちは、 外国漁船に漁場を奪わて、 コーストガード要員となり、新たな資金源探しの方法として、海賊行為の選択をすることができます。

いかがでしょうか。海上輸送・seatransportの海賊行為をこのまま甘い目で見過ごしていれば、もっと海上輸送・seatransportは、今後大きな危機を迎えてしまうことになります。