海上コンテナ・seacontainerが世界をつなぐ

あなたは、まだ海上コンテナ・seacontainerの偉大さに気付いていないのかもしれません。私達の日常生活は、海上コンテナ・seacontainerに支えられていると言っても過言ではありません。

海上コンテナ・seacontainerに存在しているのは、「規格」による合理性です。

コンテナの買取・販売は中古コンテナ.netで

海上コンテナ・seacontainerとは

みなさんもここでしっかり海上コンテナ・seacontainerに対して理解していただきたいと思います。海上コンテナ・seacontainerとは、国際的にISO規格で標準化されてた「国際海上貨物用コンテナ」のことです。

規格化の海上コンテナ・seacontainerを使用することで、輸送の効率は、驚く程向上することになります。

海上コンテナ・seacontainerの貢献度

香港エクスプレスの輸送船は、ハンブルグ港のコンテナ・ターミナル「Altenwerder」に33時間停泊します。

大きさは、船首から船尾までで1200フィート(約365メートル)あり、横幅は157フィート(約47メートル)です。

20フィートの海上コンテナ・seacontainerは、1万3167個まで積むことができます。

年間140万トンの海上コンテナ・seacontainerを運ぶ

エルベ川を70マイル(約112km)下り北海、イギリス南部のサウサンプトン港へと。また、1カ月後にシンガポールに入港……。まさに、香港エクスプレスの輸送船は、ハードワークな仕事をこなしています。

中国では上海・寧波(ニンポー)・深セン(シェンチェン)特別市を経由して、シンガポールへと。

2カ月の間に、1万2500マイル(約20116km)もの旅をし、11カ所の港に寄港します。

実際に、こんな感じで香港エクスプレスの輸送船は、4~5回繰り返し、年間140万トンの海上コンテナ・seacontainerを運ぶ仕事をこなしています。

18億台相当の積荷

まさに、海上コンテナ・seacontainerの存在によって、18億台相当の積荷がスムーズに、行われることになります。

海上コンテナ・seacontainerの存在によって、それが一番リーズナブルに行われることになります。

海上コンテナ・seacontainerの存在は、1つ1つがシステムで管理されて、エリアからエリアへの効率的な輸送ルートが計算されています。

2014年では、世界中で5億6000万個の20フィートの海上コンテナ・seacontainerが、輸送され、総重量は15億トン規模です。

石油や鉄鋼、石炭と言ったものは、かさ高貨物船で移動することになりますが、それ以外のものに対してはやはり統一さそれた海上コンテナ・seacontainerです。

衣類や車、コンピュータといったモノは全て海上コンテナ・seacontainerによる輸送です。